Doctor Shibamoto Profile

 

カリフォルニア大学デービス校

環境毒性学部 教授

 

柴本 崇行 博士

 

【主な研究】

  • 天然植物中の抗酸化剤
  • アロマケミカルの薬理活性効果
  • 過酸化脂質から生じる病気の関係
  • 加熱食品フレーバー
  • 残留農薬の微量分析と規制

1964年 横浜市立大学文理学部化学科卒業

 

1974年 カリフォルニア大学デービス校 農学部食品工学科博士課程修了

 

現 在 カリフォルニア大学デービス校 環境毒性学部教授、米国農務省農薬登録執行委員を務める

私の研究の一つに「残留農薬の分解」があります。研究の末、大麦若葉の中にあるカルボキシレースという酵素が残留農薬を分解する可能性があるということを突き止めました。天然物そのものが不思議な世界で、ミステリーの世界なのです。まだまだ分からない事がたくさんある。大麦若葉のエッセンスもそのひとつなのだと思います。