· 

青汁の選択基準は本質的に2つしかありません-プロローグ


ご訪問頂きありがとうございます。

 

 

今回からプロローグ、加熱処理された青汁、搾らない青汁と題して3回にわたり選択基準についてお伝えしたいと思います。

 

 

売れる青汁

 

今の世の中、青汁商品はいったいどのくらいあるのでしょうか!?

 

TV、新聞、チラシの通販からネットで人気の商品、ドラッグストア、コンビニ、量販店…

 

はたまたスーパー、お土産屋さんの果てまで実に多くの青汁商品が売られています。

 

 

 

健康産業新聞の調べでは、2017年1,082億円 10年連続売上増

 

「青汁」というカテゴリだけで健食市場の1/10ほどを担っていると言いますから驚きです。

 

 

一昔前は「マズイ」「青汁はお年寄りの飲むもの」という先入観がありました。

 

しかし最近では、健康・美容成分を多く添加した特色ある青汁商品も増え若い年代にも受け入れられている様です。

 

 

年代問わず健康・美容に効果を期待する人たちによって青汁業界は右肩上がり。

 

売れる商品なのです。

 

 

 

そもそも青汁とは?

 

いくら健康・美容成分が添加されていても主役である青汁がお粗末でしたらただの合成サプリメントと変わらない訳です。

 

いまいちど「青汁」とはどんなものなのか確認してみましょう。

 

【青汁】

生野菜をしぼった汁。(大辞林 第三版)

青い汁。生の緑葉野菜のしぼり汁。(デジタル大辞泉)

 

ポイントは2つ。

 

  1. 生である(加熱処理されていない)
  2. 搾っている

 

 

人が消化吸収できない細胞壁(食物繊維)に守られた栄養素を搾ることにより効率良くいただくことのできる方法。

 

 

ここでのポイントは「搾る」=細胞壁内から栄養素(汁)を取りだす。

 

まさに、それが“青汁”。英語ではGreen juice(グリーンジュース)いう訳です。

 

 

野菜の栄養素と食物繊維との不都合な関係

詳しくはコチラをご覧ください。

 

 

 

加熱処理・搾らない青汁商品!?

 

青汁は生の緑葉色野菜の搾り汁。これは共通認識だと思うのです。

 

もしですよ…

 

もし生の素材が加工の段階で加熱処理されていて…

 

しかも搾っていない青汁商品があったとしたならば皆さんはどう思われますでしょうか?

 

 

ここからは大麦若葉の青汁を中心に話を進めていきますが、他の素材にも当てはまることも多いと思います。

 

 

CMでお馴染みの代表的な大麦若葉の青汁粉末を用意しました。

 

 

そしてCMはやっていませんが、1969年 世界で初めて大麦若葉のエキス末を世に送り出した青汁のパイオニアの商品“麦緑素®”も含まれています。

 

この中では、ひときわ違和感のある“濃い色”。それが世界初の大麦若葉のエキス末です。

 

 

素材の色の不思議!?

 

先入観だらけの私たちが新たな選択基準を設けるためには、当たり前と思えることにこそ疑問をもつ。それが始まりまりなのではないでしょうか?

 

 

 

これは世界初、大麦若葉エキス末“麦緑素®”の素材です。

 

どこの青汁商品も素材の色は大きく変わらないと思うのですが…なのに…なぜ多くの青汁商品の粉末は“あの色”なのでしょうか?

 

そういう観点では、どちらに違和感を覚えますでしょうか?

 

2つの製法の相違

 

多くの青汁商品と“本家本元”との違いは、製法の違いにあります。

 

はっきり言ってしまえば製法の違いが“色”に表れるのです。

 

エキス末

 

素材から搾ったエキス(青汁)を活性保存製法で酵素など青汁成分を生かしたまま粉末化したエキス末。

  •  搾ることで細胞壁(食物繊維)内から栄養素を取りだしているので、生きた青汁成分が≒100%吸収できる。
  • 細胞壁(食物繊維)は取り除いているので商品に含有していない。

 

乾燥粉砕末

 

各社、低温○○、フリーズドライ、はたまた加熱等…色々と製法の呼び名はある様ですが、基本的に素材をまるごと乾燥させ細断、粉末化した乾燥粉砕末。

 

  • 搾らず素材まるごとを粉砕しているので細胞壁(食物繊維)内に多量に残っている青汁成分は繊維質を分解できない人間にとって吸収の期待は低い。
  • エキス末と比べ繊維質(食物繊維)は豊富。
  •  添加物(健康・美容成分)による期待!?

 

 

殺菌、乾燥、細断…この色を見る限り工程の中で加熱処理が行われていることは事実の様です。

 

これは実験、検証の回で結果を報告いたします。

 

 

 

ニセモノではなく別モノ

 

搾っていない商品を「青汁」という同一カテゴリで表示することに違和感はありますが、これは青汁業界に限ったことではありません。

 

食品業界全体に言えることなのです。

 

 

私たちが日常いただく味噌、醤油、塩、油…これら基本的な調味料でさえ製法、添加物、溶剤、バイオテクロジー技術によって作られたものが多数存在します。

 

そして「本来のもの」とは大きく異なるそれらの商品が世の中の主流です。

 

 

それらは「本来のもの」と同一カテゴリとして扱われ、知識ある人にしか選択することができないのです。(分からない)

 

 

それは青汁も同じこと。

 

カテゴリは同じでも「ニセモノ」ではなく「別モノ」があることを消費者が知らなければ自分のニーズに合った商品を選択することは、できないのです。

 

 

「本来のもの」と「別モノ」は、選択の目安である価格にも反映されてきます。

 

 

 

価格

 

本物(本来のもの)と別ものには価格のひらきがあります。

 

本物(本来のもの)は、素材にこだわり、製法、品質にもこだわります。

 

これらは大量生産ができず有限であることが特徴のひとつです。

 

 

手間、工程も多いことからカテゴリの中では「高い」ということになります。

 

※本物(商品価値)という観点では適正価格。

 

 

安価なモノは、素材の質、大量生産(製法)、効率を重視した結果です。

 

「本来のもの」の適正価格より1/2、1/4、1/10…と色々な価格帯がありますが企業である以上、低価格で同じ質のものが作れる訳がないのです。

 

 

 

選択基準

 

安価であれば別モノ。これは間違いないでしょう。

 

高ければ本物!?これは当てはまりません。

 

それでは中間は!?

 

本物と別モノ。質という点で中間を作るということは、最も非効率な作業です。

 

よって価格は中間でも…本物別モノ。いずれかどちらでしょう。

 

 

重要なのは、自身が「青汁成分」をいただだきたいのか?それとも繊維質をメインとした添加成分をいただきたいのか?

 

二者択一です。

 

 

詳しくは第二弾、第三弾へと続きますが…

 

本物・非加熱、別モノ・加熱の見極め実験、検証実験を青汁選択の目安にして頂けたらと思います。

 

 

ご訪問頂きありがとうございました。

 

【関連記事】